ぬいぐるみを寄付したい。保育園などに持ち込み受付してくれる?

ぬいぐるみを寄付したい。保育園などに持ち込み受付してくれる?

 

使わなくなったぬいぐるみをそのまま捨ててしまうのは忍びないと思うときに、寄付したいと考える方もいるでしょう。
実際に、まだ楽しむことができるぬいぐるみですので、エコの観点から考えてみてもどこかの施設で使ってもらうというのは環境にもやさしいという考え方ができるようになります。

 

ぬいぐるみといえば、やはりお子さんが喜ぶものですので、保育園などに持ち込むのが一般的に考えられる方法ですが、持ち込みを受け付けてくれるかどうかは、保育園次第で変わってきます。

 

なぜならば、ぬいぐるみの衛生管理がしっかりと守られているかどうかを考えるために持ち込みされた物についての判断がむつかしいとされる場合もあるからです。

 

しかし、寄付をするという善意の気持ちに対してありがたく受け取ってくれる保育園もあります。
衛生面の管理をしっかりとした上で寄付するというような配慮も持ち込みをする側にも必要だといえるでしょう。

 

保育園だけではなく、老人保健施設でもぬいぐるみは喜んでもらえます。
認知症がある高齢者などの場合には、ぬいぐるみを使うことで子供をあやしているような気持ちになるため、穏やかな表情に変わることもあるからです。

 

実際に、保育園や老人保健施設などに持ち込みをする時にはあらかじめ相談をした上で行いましょう。
衛生面の配慮をする上で、ぬいぐるみのクリーニングをあらかじめ行っておけば、安心して寄付することができるようになります。
現在では、宅配のクリーニングで完全に丸洗いを行えるサービスもあるので検討してみる価値があるでしょう。